髭剃りや脱毛で気をつけるべき点は何ですか?

髭剃りで無理をしている人は、脱毛から抜け始めまでの期間に、待ちきれず無理をしてしまう傾向があります。

気をつけてください。

▼炎症などで悪化させてしまうこともある。

髭の濃い人にありがちなのが、シェーバーを髭剃り部位に何回も往復させることで、肌トラブルを起こしてしまうこと。

肌荒れ程度ですめばいいのですが、毎日の習慣になると表皮の下部組織をきずつけ、炎症や細菌の侵入など重症化させてしまう可能性もあります。

髭剃りでそのような傾向にある人は、脱毛に踏み切ったほうがいいかも知れません。

▼重症化している人は医師の診断をおすすめ。

髭を脱毛する方法は美容サロンやエステで行うフラッシュ脱毛と、医療機関の医師が行う医療レーザー脱毛の2つがあります。

アドバイスとしてお話しておくと、髭の脱毛には美容サロンやエステで行うフラッシュ脱毛と、医療機関の医師が行う医療レーザー脱毛の2通りがあります。

エステで使用されている脱毛マシンは、出力が弱いため20回程度の施術が必要になります。

1回の費用は医療脱毛にくらべて安めですが、脱毛完了までに時間がかかります。

医療脱毛はレーザーが強力なので、5回程度の通院ですみます。

髭剃り負けし、炎症などのトラブルを起こしている人は、医師のカウンセリング・診断を受けるようにしましょう。

▼医療脱毛でもエステでの施術でも、脱毛効果があらわれるまでにはタイムラグが生じます。

間違った髭剃りで髭剃り痕が重症化してしまっている人は、脱毛後の髭の抜け始めまでの期間に焦ったり無理をしたりして、ふたたび強引に髭剃りを再開してしまう可能性があります。

脱毛効果があらわれるまでには少し時間がかかるので、我慢して待ちましょう。

施術時・受診時の注意事項をよく思い出してください。