投稿日:

髭が急に濃くなったのは、何かの悪影響でしょうか?

髭はシェービング、髭剃りの積み重ねでも濃くなっていきますが、ストレスや偏食などの生活習慣でも急変することがあります。

医師に相談してみましょう。

▼急に濃くなったのは男性ホルモンの過剰分泌。

良く「髭が濃くなるのはシェービング、髭剃りによる肌への刺激が影響している」と言われますが、それが要因となるのは事実のようです。

ただ「急に濃くなった」というのが気になります。

髭が濃くなるのは男性ホルモンの分泌量によります。

分泌量が少ないと薄くなり、多いと濃くなります。

▼ストレス、偏食、寝不足などでも髭は濃くなる。

たとえば男性ホルモンは、ストレスが重なったり食生活が乱れて偏食傾向が強くなったりすると髭の生え方にも変化をもたらします。

寝不足も影響します。

生活習慣病の源とされるすべての事柄が、髭のあり方にも影響を与えるわけです。

心当たりとなるような事柄はないでしょうか。

気になるようであれば、医師のカウンセリングをお受けになることをおすすめします。

▼髭が濃くなるのには上記のような理由が考えられますが、それらを改善していくのと同時に、髭の脱毛についても考えてみましょう。

ストレスや生活習慣の乱れが髭にあらわれているとしたら、まずはその髭を除去してしまうというのも、1つの荒療治法かもしれません。

脱毛は医療機関であれば5回程度の通院で済みます。

医師に相談してみてください。

カウンセリングがあるので気軽に切り出せます。